新たな体制でまちづくり会社を目指します

 

本年4月、当社代表が生駒市長から生駒商工会議所の鐵東会頭に交代しました。生駒商工会議所との緊密な連携に加え、民間経営者の視点を取り入れたことで、「電力会社」から「まちづくり会社」へと転換し、当社中長期計画の長期ビジョンの具体化に向けた取組をいよいよ本格化します。
 電力事業についても、2022年3月より、当社株主としてTJグループホールディングス株式会社が参画したことにより、体制が強化されています。TJグループでは、新たに生駒市内で、大部分が固定価格買取制度(FIT)に頼らない木質バイオマス発電所の2025年運転開始計画を推進中です。新発電所からの調達が実現すれば、当社の再生可能エネルギー比率は大きく向上します。環境価値の高い再エネ電力の確保を確実にし、地域に供給することで、より一層のエネルギーの地産地消の拡大と地域の脱炭素化に貢献します。
当社では、新しい体制で、市民・顧客の皆さまとともに、電力事業の安定・拡大を図りながら、収益還元コミュニティサービスを充実し、SDGs未来都市である生駒市の中核となる施策を担う企業として、引き続き全力を挙げ取り組んでまいります。